不動産売却のコツ top > 売却の目的を考える

何のために売るのか

不動産を売る理由としては、「住んでいない物件を売る」「利回りの悪い投資物件を売る」「転勤のために住まなくなった」「離婚したので引越しする」などの理由があります。そして売却することによってまとまった資金が必要なのか、とにかく管理が面倒なので手放したい、長いスパンで収益を上げたいなど売却・所有の理由もさまざまです。大切なのは何を目的として売却するのか、そして売却によって何を得たいのかを明確にすることです。これによって売り方や不動産会社との媒介契約も変わってきます。時にはハウスリースバックのように住んでいる物件をいったん売ってしまい、賃借人として今まで住んでいた物件に住み続けるという方法もあります。数年後に売却の予定があるとか、住宅ローンの返済が厳しい人などにとっては大きなメリットもある売却方法です。

目的を明確にして手段を決める

売却目的を明確にすることによって、売却によって何を得たいのかが見えてきます。主に「お金」「管理コスト」「投資利回り」の3つに分類されますが、それぞれの要素をてんびんにかけて物件の方向性を決めていくことになります。例えば限界集落のように将来的に不動産価値がゼロになる可能性が極めた高い場合、お金や投資利回りよりも管理コストを優先的に考えて即時売却や売却保証を活用するのも1つの手です。またそのような物件を相続する場合は、相続放棄や限定承認などの措置を取ることも考えておくことが大事です。売却によって得られるお金を重視したい場合、不動産物件を魅力的に変えてより高い値段で売る戦略も必要になってきます。空室率を下げたりリフォームによって見た目をキレイにし、物件価値を高めることは利回り以上のメリットもあります。

参考サイト